ラスト100メートル失速 金丸悔し4着

[ 2012年8月5日 06:00 ]

男子400メートル予選でゴールし、うつむく金丸祐三

ロンドン五輪陸上

 男子400メートル予選第5組の金丸は46秒01の4着で、準決勝に進めなかった。300メートルまでは想定通りのレースだったが、ラスト100メートルで失速。自己ベストの45秒16には遠く及ばず「悪くないレースをしたつもりだが、どうなったか自分でも分からない」と振り返った。

 また、義足ランナーのピストリウス(南アフリカ)が準決勝に進んだことについては「一人のアスリートとして、努力した姿は認められるべき。尊敬すべき選手で、負けないように頑張りたいと思う」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月5日のニュース