「言葉にしなきゃ伝わらない」フジカキ 仲の良さ支える携帯メール

[ 2012年8月5日 07:12 ]

女子ダブルスで銀メダルを獲得し、スタンドの応援団に手を振る藤井(手前)と垣岩

ロンドン五輪バドミントン女子ダブルス決勝

 藤井と垣岩の仲の良さを支えているのが携帯メールだ。以前は負けた試合の後に数日間会話をしなかったこともあった。

 しかし、「ケンカをしている時間がもったいない」(藤井)とぎくしゃくした状態を放置しないようにメールで本音を伝えるようにした。

 試合でミスした時は長文を送り合う。それ以外にも「令佳と組んで良かった」「自分も先輩と会えて良かった」など感謝の言葉を記す。藤井は「言葉にしなきゃ伝わらない」とその効果を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月5日のニュース