内村 ガッツポーズ出た「最後の最後に満足の演技できた」

[ 2012年8月5日 22:51 ]

種目別決勝の男子床運動で銀メダルを獲得し、声援に応える内村航平

ロンドン五輪体操種目別・男子床運動

 満面の笑みだった。床運動で銀メダルを獲得した内村は「やっと満足の演技が、最後の最後にできた、という気持ちでいっぱいです」と語り、中国の鄒凱に及ばなかったものの「満足の演技で銀なので、とてもうれしいです」と続けた。

 今大会は、団体総合で、まさかの失敗が出ただけに「思い返すといろいろあるんですけど、終わりよければ全てよし、という言葉があるように、満足の演技ができてうれしい」と“満足”という言葉を繰り返した。

 個人総合の金メダルを獲得した後も「一番いい色のメダルを取った今も満足した感じはしない。表現したい理想の体操がある」と語っていた内村が、笑顔のガッツポーズ締め。大きな山を越えた内村は、次回の五輪に向けて、ますます成長してゆくに違いない。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月5日のニュース