ショット復調…笑顔も戻った遼 メジャー最終戦へ手応え

[ 2012年8月5日 14:28 ]

第3ラウンド、通算3オーバーで39位に順位を上げた石川遼

世界ゴルフ選手権シリーズ ブリヂストン招待第3日

(8月4日 米オハイオ州アクロン ファイアストーンCC=7400ヤード、パー70)
 ショットの安定感を取り戻した石川に笑顔が戻った。2オンに成功した2番(パー5)でバーディーが先行。最終18番(パー4)は2打目を1メートルにつけてバーディーで締めくくり「きょうは、ようやく自分のゴルフをさせてもらった」と充実感を漂わせた。

 優勝争いには加われていないが、ショットの復調は次週の全米プロ選手権に向けて明るい材料だ。「あとはパットが課題。最終日は来週につながるプレーがしたい」と今季のメジャー最終戦を見据えた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年8月5日のニュース