滑り出し最悪でも最後は最高

[ 2020年11月5日 07:22 ]

指7本幅の優勝魚に私もこんな大型釣りたかった                               
Photo By スポニチ

 ◎釣りガール・富士村彩花参戦記

 これが俗に言う「ナギ倒れ」か。全体的にかなり渋い一日だったものの、表彰式で会場に集まった参加者たちの顔には笑顔が見られる。今シーズンは大会含め各催し物が軒並み中止になってしまっていたこともあって、ようやく得られた待望の機会におのおの釣果以上の充足感があったのだろう。さて筆者はというと、朝の第1投、第2投ですぐに大きな当たりがあったものの両方共にラインカット。さらにその2投がまさかのタングステンジグ!なんと開始30分でタングステンを2個もロストしてしまうという、何とも笑えない滑り出し。釣果こそ悔しさの残る結果だったものの、船長や同じ船のメンバー、釣り仲間たちのおかげもあって最高に楽しい一日となった。安心して楽しく遊べる機会をつくっていただいた多くの方々に、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。(吉野屋)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る