渡部暁斗 左肋骨骨折も3月のW杯出場を明言!総合Vへ「あとはW杯に向けてすべてを捧げたい」

[ 2018年2月24日 17:34 ]

羽田空港に到着したノルディック複合代表の(左から)山元豪、渡部善斗、渡部暁斗、永井秀昭、渡部剛弘
Photo By スポニチ

 平昌五輪のノルディックスキー複合で個人ノーマルヒル2大会連続銀メダルの渡部暁斗(29=北野建設)ら日本代表が24日、羽田空港に帰国した。

 左肋骨を骨折するけがを負いながらも、痛み止めを飲んで全種目を戦い抜いたエースは、現在個人総合首位に立つ3月のワールドカップ(W杯)への出場を明言。

 出場も不安視されたが「まだ総合優勝もある。五輪以上に、あとはW杯に向けてすべてを捧げたい」と日本勢としては1992〜93年シーズンから3連覇した荻原健司以来2人目の総合Vに向け、エースは気合十分に語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年2月24日のニュース