PR:

高木菜那、新種目マススタートで金メダル「転倒した佐藤の分も獲りたかった」

平昌冬季五輪 スピードスケート女子マススタート ( 2018年2月24日 )

女子マススタート、2個目の金メダルを手に笑顔の高木菜那
Photo By スポニチ

 平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタート決勝が江陵オーバルで行われ、団体追い抜き(パシュート)で世界の頂点に立った高木菜那(25=日本電産サンキョー)が今大会2個目となる金メダルに輝いた。これで日本のメダルは冬季五輪史上最多を更新し「12」となった。

【高木菜那と一問一答】

――初代女王に輝いた。

 「この種目が始まってから銀メダルや銅メダルで表彰台に上ったことはあったが、金メダルという一番高いところに上ったことはなかったので、五輪という最高の舞台で一番上に上ることができてうれしい」

――オランダ選手にずっとついていた。どんな作戦だったのか。

 「オランダ勢が2人いたので、おそらく最後は仕掛けてくると思ったので、そこについていって狙えるところで狙っていこうと考えていた」

――2個目の金メダル。

 「日本でワンツーフィニッシュを狙っていたが(1回戦で転倒に巻き込まれた)佐藤が転んでリタイアしてしまったので、佐藤の分まで金メダルを獲りにいくぞという気持ちだった。パシュートで金メダルを獲れたので、落ち着いてマススタートに臨むことができた」

――今大会を振り返って。

 「一番最初のレースで悔いの残るレースをしてしまい申し訳なかったが、残り2本のレースで最高のレースができた。本当に最高の五輪になってよかった」

[ 2018年2月24日 22:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月17日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画