小平奈緒主将が閉会式旗手! スピードスケート女子500メートルで金

[ 2018年2月25日 17:51 ]

500メートルのメダル授与式で金メダルを胸に笑顔の小平奈緒
Photo By スポニチ

 25日の平昌五輪閉会式で日本の旗手をスピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(31=相沢病院)が務めることが分かった。大会組織委員会が発表した。

 小平は18日の女子500メートルで全16組中14組目のインスタートで出場。36秒94で五輪新記録をマークし、金メダルを獲得した。今大会では日本選手団の主将も務めており、主将が金メダルを獲得したのは92年バルセロナ五輪柔道の古賀稔彦以来で冬季は初となった。

 9日の開会式旗手はノルディックスキー・ジャンプ男子で冬季五輪史上最多8度目の出場を果たした葛西紀明(45=土屋ホーム)が務めた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月25日のニュース