カー女子 5人で手をつなぎ表彰台へジャンプ!銅メダルに笑顔と涙「ズッシリ」

[ 2018年2月25日 12:30 ]

表彰台にジャンプするカーリング女子日本代表(AP)
Photo By AP

 平昌五輪のカーリングで日本初の表彰台となる銅メダルを獲得した女子日本代表、LS北見が25日、江陵カーリングセンターでメダルセレモニーに参加した。

 藤沢、吉田知、鈴木、吉田夕、本橋の5人は手をつなぎ、最高の笑顔で表彰台へジャンプ。本橋はメダルをかけてもらう前から感極まり、「感情のままに涙があふれてきてしまった」と話した。

 メダルを首からかけ、藤沢が「首こりそう」と言えば、鈴木は「でかい」、吉田夕は「ズッシリ」と笑顔。吉田知は「たくさんの人に支えてもらって取ったメダル。お世話になった人みんなにかけてもらいたい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月25日のニュース