「カーク船長」が宇宙へ! 俳優ウィリアム・シャトナー氏が10分間の宇宙旅行を経験

[ 2021年10月14日 10:25 ]

90歳で宇宙旅行を経験したシャトナー氏(AP)
Photo By AP

 米人気SFドラマ「スター・トレック」でカーク船長を演じた俳優のウィリアム・シャトナー氏(90)が13日、テキサス州ウエストの航空基地から、宇宙開発企業「ブルー・オリジン社」が実施した自社開発ロケットによる宇宙旅行に参加。他の3人の乗客ととともに宇宙空間の始まりとされる高度100キロの「カーマン・ライン」を越えて無重力空間を3分ほど経験し、発射から約10分後に基地近くの砂漠に帰還した。

 AP通信によればシャトナー氏は感無量の面持ち。「ブルー・オリジン社」の創業者でシャンパンを手にして出迎えたジェフ・ベゾス氏(57)に対して「今起こったことに感動で胸がいっぱい。この感覚を失いたくない。とても大切な体験をさせてもらった」と感謝の意を示した。

 宇宙旅行を経験した最年長搭乗者となったシャトナー氏は念願の宇宙旅行について「地球の青い空のすぐ外には広大な暗闇。そこに行ってしまうとすぐに死が待っている。私が見たものはそんな世界だった」ともコメント。ドラマと映画で“搭乗”した「USSエンタープライズ」とはまったく異なる経験談を口にしていた。

 「ブルーオリジンシ社」は、アマゾン社の創設者で会長でもあるベゾス氏が設立した民間資本による航空宇宙企業。ベゾス氏は「スタートレック」の大ファンで、2016年公開の映画「スタートレック BEYOND」ではエイリアン役で出演しており、7月には同社の最初の宇宙フライトの搭乗者にもなっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月14日のニュース