東出昌大に新恋人、事務所は激怒「不見識な行動」 滝沢カレン似の20代女性、ロケ先呼び出しデート

[ 2021年10月14日 10:00 ]

東出昌大
Photo By スポニチ

 女優唐田えりか(24)との不倫が原因で女優の杏(35)と昨年7月に離婚した俳優東出昌大(33)に新恋人ができたと、14日発売の週刊文春が報じている。

 同誌によると、女性は父親が米国人、母親が日本人の20代後半のハーフで、滝沢カレン(29)似の会社員。2人は5月ごろに出会い、東出の積極的なアプローチが実って、毎日のように会い愛を育んでいるという。

 東出は今月上旬、ロケ先の広島県内に女性を呼び出し、女性が3泊する間に撮影スケジュールの合間を縫ってデート。同誌によると、コロナ禍で東京では外出を控えていた2人は、交際後初めて広島で2人きりの外食をしたという。

 こうした行為に激怒しているのが東出の所属事務所。交際中の女性の存在や、ロケ先に女性を呼んだことについて、スポニチ本紙の取材に「一連のことを本人に確認したところ、全て事実のようです」と答えた。その上で「ロケ先のことが事実だとすれば、現在の東出の状況を考えるとまことに不見識な行動であると言わざるを得ません。東出に関しては事実確認を重ねて、今後の対応を考えてまいります」と強い言葉でコメントした。

 東出の不倫騒動によるCM降板などで生じた損害は約2億円ともいわれている。これを肩代わりし、契約を切ることをせず、仕事復帰のために東奔西走してきたのが事務所。8日には3年ぶりの主演映画「草の響き」が公開されたばかりのタイミングだった。

 映画関係者は「今こそ真面目に仕事に取り組まないといけない時期に不必要に恋人を仕事先に呼び寄せた」と事務所の怒りを代弁。さらに「色恋沙汰であれだけの騒動になったのに、恋人ができたことを事務所に報告していなかったようだ」とも明かした。
 関係者によると、東出は都内のボクシングジムに通い、体を鍛え直している。精神的にも鍛錬し、今後、信頼を取り戻せるか注目される。

 ▽東出の不倫騒動 昨年1月、週刊文春が唐田との不倫を報道。共演した18年公開の映画「寝ても覚めても」の撮影中で、杏が第3子を妊娠している時期に男女関係に。不倫発覚後、杏と別居。同7月に離婚し、約5年半の結婚生活に終止符を打った。子供3人の親権は杏が持ち、東出は養育費を払っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月14日のニュース