大浦龍宇一 22歳下妻・ゆりえとウェディングフォト撮影「決して楽ではない道を共に歩んでくれている」

[ 2021年10月14日 14:57 ]

大浦龍宇一
Photo By スポニチ

 俳優の大浦龍宇一(50)が14日までに自身のブログを更新。妻でシンガーソングライターのゆりえ(31)と撮影したウェディングフォトを撮影したことを報告した。

 2人は2019年3月に結婚。ゆりえは“ひょうきんアナウンサー”としても親しまれた元フジテレビ、現在はフリーの寺田理恵子アナの長女で、歳の差22歳婚として話題を集めた。

 「僕達は結婚して2年半になります。式を挙げることもなく、ウェディングドレスを着せてあげることもないまま、決して楽ではない道を、共に歩んでくれている妻に心からの愛と感謝を込めて 心に強い思いがあって、ウェディングフォトを撮ってきました」とつづり、「妻のウェディングドレスを見たとき、感動して、思わず泣いてしまいそうでした。皆さんのあたたかい心と笑顔とともに、たくさんのカットを撮って頂き、しあわせな時間を過ごしてきました」と記した。

 結婚した当初にいきなり離婚報道が出るなど苦難もあったが「どんな時も妻を愛し、愛し続けると、このチャペルで愛の誓いを立てた今日。大切な記念日がまた1つ増えました」と締めくくった。

 妻のゆりえもブログを更新。「母からのお下がりで、コルセットとパールネックレスをつけました グローブは、母からのプレゼントです」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月14日のニュース