銀シャリ鰻はリアル“賭ケグルイ”!?ギャンブルの快感熱弁になるみ・岡村ドン引き

[ 2021年5月4日 09:02 ]

銀シャリの鰻和弘
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「銀シャリ」の鰻和弘(37)が3日放送のABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」で、ギャンブル持論を展開した。

 この日の放送では、関西のギャンブラーたちの配当金の使い道を調査。MCのナインティナイン・岡村隆史(50)、なるみ(48)がギャンブルをしないと語る中、鰻は「昔やってました」と振り返った。
 
 若手時代の給料約5万円を「全額つっこんだりして。ゼロか増やせるか。生活費かかってたら楽しいんスよ。生活費なくなるかもしれんってゾクゾクするんですよ」とギャンブラーならではの危険な感覚?を明かした。

 最近はFX(外国為替証拠金取引)をやっているといい、急騰や急落がある為替のギャンブル性が「好きなんスよ」と告白。「レートは寝る前に1回見るだけ。グーンと下がってる時は寝付きが悪い」と苦笑いするも、「世界情勢とか全く分からず、勘で買ってるんです」とあっけらかんと言い放ち、2人にどん引きされた。

 なるみは「高校のときに漫才番組で優勝して20万円現金でくれてん。こんなボロい商売ないと思って今ここにおるねん」と語り、高校生にとって急に入った20万円は「十分人を狂わせる」と言って、笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月4日のニュース