狩野舞子 「嬉し恥ずかし」木村沙織との“双子コーデ”も隠れてピース「美人キャスター風」

[ 2021年5月4日 15:31 ]

狩野舞子さん
Photo By スポニチ

 元バレーボール女子日本代表の狩野舞子(32)が4日、自身のインスタグラムを更新。同じく元バレー日本代表・木村沙織(34)との“双子コーデ”を披露した。

 2人は今月1、2日に行われたバレーボールの国際親善試合「東京チャレンジ2021」のテレビ中継に出演、TBSのスポーツニュース番組「S☆1」にも登場して試合を解説するなど大会を盛り上げた。

 狩野は「カッコいい風で行こうって言ってても…隠れてピース 一気にダサくなるね笑」とのコメントを添え、ベージュのセットアップに身を包んだ狩野と淡いベージュのジャケットに黒のパンツを合わせた木村との4枚の2ショットを投稿。「たまったま双子コーデみたいになってて嬉し恥ずかしな土曜日でした」と本音を記しつつ、「美人キャスター風」とハッシュタグを添えた。

 この投稿に、木村も「まさかの裏ピ ♯裏ピって死語?」と反応すると、狩野も「♯裏ピ は多分死語 きっともう死んでる」とツッコミを入れている。

 木村も3日に狩野との2ショットを投稿。「久しぶりの舞子ちゃん、双子コーデみたいでした」と記していた。

 これらの投稿に、フォロワーからも「お二人ともカッコいいです!でも、やっぱり最後の写真が可愛い」「4枚目の笑顔がお二人らしいかな」「カッコいい お2人とも素敵です」「元宝塚のトップスター?」「モデル的な」「お二人は笑顔が似合います」「さすが女子バレー界のツートップ」「父兄参観っぽいですね」などの声が寄せられている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月4日のニュース