JO1の沼にハマれ!昨年3月デビューから3作連続で初週20万枚突破 快進撃続く11人組

[ 2021年5月4日 05:30 ]

「JO1」のシングル「CHALLENGER」
Photo By 提供写真

 男性11人組「JO1」のシングル「CHALLENGER」が発売初週に25万4000枚を売り上げ、10日付オリコン週間シングルチャートに首位で初登場することが3日、確定した。昨年3月のデビューシングル「PROTOSTAR」から3作連続の1位で、いずれも初週20万枚を突破。快進撃を続けている。

 デビューから3作連続で初週20万枚を売り上げたのは、男性アーティスト史上6組目。KinKi Kids、嵐、KAT―TUN、King&Princeのジャニーズ勢と、韓国男性13人組「SEVENTEEN」以来の記録となった。白岩瑠姫(るき、23)は「何事も一番になることは簡単なことじゃないですし、素直にとてもうれしい」とファンに感謝した。

 今作は「挑戦」がテーマの4曲入りシングル。1曲目「Born To Be Wild」は、挑戦する人を後押しするアッパーチューン。バイクを吹かすように手を動かす「ブンブンダンス」がファンに人気だ。

 高いレベルの歌とダンス、ラップで魅了するJO1は、TBSで放送されたオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の合格者で結成。デビュー前からメンバー個々を“推しメン”とするファンがいることも強みだ。

 デビューの時期から新型コロナウイルスの感染が拡大し、活動が大幅に制限された。特にライブはデビュー後に一度もできていない。金城碧海(すかい、20)はこの1年間を振り返り「不完全燃焼だった」と正直な思いを漏らした。

 その思いをぶつける場が、今冬に予定される初の全国ツアーだ。白岩は「パフォーマンスがカッコいいと言っていただくことが多い。それを見せられていないのは悔しい。生で見せられれば、もっと俺たちの沼にハマってもらえると思う」と自信を見せる。鶴房汐恩(しおん、20)も「まずは僕たちが楽しまないとダメ。パフォーマンスでファンに気持ちをしっかり伝えたい」と話した。

 目標は世界での活躍。金城は「日本で一番のパフォーマンスができるグループになりたい。その先はやっぱり世界で活躍したい」と前を見据えた。

 ▽JO1(ジェイオーワン)19年放送のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、参加者101人の中から視聴者投票で選ばれた11人で結成。「JO1」には「一緒に夢を目指した練習生たちが1つになって、世界の頂点を目指していく」という意味が込められている。ファンの愛称は「JAM(ジャム)」。昨年の「DIMEトレンド大賞2020」でベストキャラクター賞に選出された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月4日のニュース