田中みな実 “妹分”西野七瀬を呼び捨てにしたゲストに抗議「おじさんに…ちょっとモヤっとする」

[ 2021年2月27日 21:40 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(34)が27日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)で、乃木坂46などの“坂道アイドル”を話題にする場面があった。

 この日のゲスト、自称「泡沫二世タレント」の徳光正行(49)とは昼帯の情報バラエティー番組で以前共演していた仲。「大の乃木坂46ファン」だったことを知っていた田中が、「今も変わらず?」と水をむけると、「最近は日向坂46」との答えが返ってきた。
 
 ここ数年で、乃木坂46から西野七瀬(26)と白石麻衣(28)が卒業、徳光は「両エースが抜けて心がポッカリ…そんなところに現れたのが日向坂46だった」と説明、「今は小坂菜緒ちゃん推しです」とも語った。

 徳光は、ライブの感想などを旧知の運営幹部から聞かれ、「七瀬の(卒業)コンサートが一番すごかったですね」と答えたこともあったと明かした。

 この発言を聞いて、田中は「ななせ? 西野七瀬ちゃん?」と語気を強めた。「私も七瀬ちゃんとはバラエティーでご一緒させてもらって、仲良くさせてもらっているんだけど、そんな妹みたいにかわいがっている七瀬ちゃんのことを“ななせ”って、おじさんに呼び捨てにされると、なんですかね、ちょっとモヤっとする」とかみついた。

 徳光は「ファンとしては“ななせ”なんですよ」と弁解、「なぁちゃん」や「ななせまる」といった愛称もあるが、「50のおじさんが“ななせまる”と言うほうが逆に気持ち悪くないですか」と返すと、田中も思わず吹き出していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース