和田アキ子 “プロ30年目”イチロー氏との電話「僕はいつも通りですよって」

[ 2021年2月27日 14:49 ]

歌手の和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(70)が27日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)で、マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)と電話で話したことを明かした。

 昨季はコロナ禍で直接指導ができず、大半を日本で過ごしたイチロー氏。23日(日本時間24日)キャンプ地のアリゾナで約11カ月ぶりにチームに合流し、バッティングピッチャーを務めるなど、プロ30年目のキャンプインも精力的に動いた。またプライベートでは、引退後に愛犬の一弓(いっきゅう)の死と、2匹の新たな「家族」を迎えたことを明かしていた。

 「イチロー君、1月の後半ぐらいに電話でちょっと話して」と切り出した和田。かつて、愛犬の一弓に会ったことがあるとし、「静かな子でその時も老犬やったけど。その一弓が亡くなったって聞いて、うわ残念やと思って。(電話でイチロー氏は)『いやまあ何とか。また新しく来ますから家族が』と言ってたから。(新しい家族が来て)良かったです」と安どした。
 
 近況についても尋ねたという。「ひまでしょう?何してんの?って聞いたら『僕はいつも通りですよ。トレーニングですよ』って。アンタさ、現役じゃないんだからと言ったら、『現役じゃなくてもトレーニングです』って」とやり取りを明かした和田。「やっぱり教える立場とかって思うと、トレーニングをやるんだろうね」。

 かつて自宅を訪問したこともある和田。「シアトルの自宅に行きましたけど、普通のジムの半分ぐらいの部屋に普通のジムの器具がいっぱりありましたからね。ストイックですね」と感心していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース