吉川晃司 狭心症で心臓手術 術後の経過問題なし 5月のツアー予定通り実施へ「ご心配なく!」

[ 2021年2月27日 08:46 ]

ロックミュージシャンで俳優の吉川晃司
Photo By スポニチ

 吉川晃司(55)が狭心症の手術を受けていたことが27日、わかった。自身の公式サイトで発表した。

 発表によると、吉川は今月16日に手術を受け、術後の経過も問題なく、現在はこれまで通りの活動を行っているという。

 昨年12月に受けた人間ドックで再検査の必要性を指摘され、今年2月初旬に行った精密検査の結果、心臓表面の冠動脈の狭窄が見つかり、緊急の治療が必要と診断された。冠動脈ステント留置術が行われた。

 手術は無事終了し、翌日には退院。主治医、執刀医からも、今後定期的な検査は必要なものの、アーティスト活動には全く問題はないとの説明を受けたという。5月には、昨年予定されていたコンサートツアーの振替公演を実施する予定。医師からも公演開催には支障がないとの判断を受けた。

 吉川は「もう仕事に戻っているので、どうぞ皆さんご心配なく!放っておけば倒れていたかもしれないところで、僥倖にめぐりあい未然に防ぐことが出来たという強運に心から感謝したいと思います」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース