爆笑問題・田中裕二が復帰後初漫才 「途中で死んだらごめんね!」太田ブラックジョークにツッコミ

[ 2021年2月27日 20:46 ]

「タイタンライブ」で復帰後初の漫才を行う爆笑問題・田中裕二(左)と太田光(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 前大脳動脈解離によるくも膜下出血と脳梗塞で約1カ月間休養していた「爆笑問題」の田中裕二(56)が27日、東京・時事通信ホールで行われた所属事務所主催イベント「タイタンライブ」で復帰後初めて漫才を披露した。

 相方の太田光(55)とそろいのグレーのスーツ姿で登場。「今日の漫才はくも膜下出血サービス。途中で死んだらごめんね!」と言う太田に「見たくないだろ!」と突っ込んで会場の爆笑を誘った。昨年12月11日の「タイタンライブ」以来の客席を前にしたステージ。相方の復帰がうれしかったのか、太田は「俺たちだから医者も漫才復帰のOKを出したんだろうね。今から(頭を強く叩く)カミナリのツッコミを連れて来ようか?」とノリノリでブラックジョークをさく裂させた。

 約16分の漫才だったが、田中は声のトーン、大きさ、動きもいつもと変わらず、終始客席の笑いを引き出した。

 倒れたのは、1月20日午前2時ごろ。自宅で右前頭部に激しい痛みを感じて救急搬送されて入院。一時的に言葉が出ず、左の手足が動かせないという脳梗塞の症状も出たが、その後はすぐに回復。手術の必要もなく、点滴や投薬を受けて27日に退院し、約1カ月の自宅療養を経て今月21日のTBS「サンデージャポン」でテレビの仕事を再開していた。

 最後は太田に「次はどこ(の病気)ですか?」と聞かれ「やめてよ」と言って笑顔で会場を後にした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース