常盤貴子 石川県聖火ランナー辞退していた、代役には若村麻由美

[ 2021年2月27日 05:30 ]

常盤貴子
Photo By スポニチ

 石川県は26日、東京五輪の聖火リレーで、PRランナーとして6月1日に七尾市を走る予定だった女優の常盤貴子(48)が、スケジュールが合わなくなったため辞退したと発表した。昨年9月に新しいリレー日程が発表された段階で、常盤側から辞退の申し出があった。

 代わりは女優の若村麻由美(54)が務める。七尾市での演劇に何度も出演するなど石川と縁が深いという。

 常盤は能登半島を舞台にし、2015年に放送されたNHK連続テレビ小説「まれ」で、ヒロインの母親役を務めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース