加藤浩次、エージェント契約のメリット明かす 以前は「マネジャーが2カ月で変わるときもあった」

[ 2021年2月27日 21:03 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が25日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演し、エージェント契約後の変化について語る場面があった。

 リスナーから「エージェント契約にしてからのメリット、デメリットを教えて下さい」という投稿が届くと、加藤は「マネジャーとか、全部自分で決めて雇ってるからね。メリットって言ったら、そこの部分がずっと変わらないってことかな」と回答。

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬(47)から「うちはホリプロなんですけど、マネジャーが付いたら、7年くらい一緒だったんですよ。吉本って(期限は)2年とかですか?」という質問が。これに山本圭壱(53)は「いや、もっと早かったよ。俺らなんて2カ月のときもあったよ。引き継いだ後に、すぐ引き継ぎが始まっちゃう」と不満を漏らすと、小沢は「『この人は朝の何時にこういうことして欲しい人だ』ってのがわかったときには、もう変わっちゃうって感じなんですね」と驚いていた。

 加藤は「それがないのがメリットかな。デメリットがあるとすれば“粛清”とかっていう報道があることかな」と、ボヤいた。加藤は番組冒頭で『加藤がMCを務める番組が立て続けに終了したことは吉本の“粛清”』という報道に対し、事実ではないと否定していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース