お手洗いすら…ももクロ百田夏菜子 駆け出し当時のスタッフの理不尽な一言に今でも「何で?」

[ 2021年2月27日 21:04 ]

ももいろクローバーZの百田夏菜子
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(26)が、26日深夜放送のテレビ朝日系「川柳居酒屋なつみ」(金曜深夜0・50)にゲスト出演し、アイドル駆け出し時代の苦労を語った。

 百田は08年のももクロ結成から所属し、人生の半分をグループと歩んできた。「ライブをしている時とか、ファンの人と直接会える場所があることとかが最高」とファンへの感謝を口にし、「アイドルの衣装って、自分のサイズぴったりの衣装を作っていただいて、自分だけの衣装を身につけた時、自分でも知らない自分になれる気がして。そういう時ってアイドルの特権かも」とも話した。

 とはいえ、活動当初は叱られることの連続だったという。苦労話を「お手洗い 汗で出せよと 怒鳴られる」と川柳にしたため、10年以上前の理不尽すぎるエピソードを公表した。「1日7回くらいライブをしてる時がありまして、その合間に『ちょっとお手洗いに行きたいです』って言ったら、『お前らに行く暇なんてねえんだよ!汗で出せ!』ってめちゃめちゃ怒られて」。まだまだ世間知らずだったため、「毎日、何かしら怒られながら育ててもらった」と感謝を口にしつつも、この一件だけはいまだにふに落ちない様子。「本当に知らないこともたくさんありましたし、自分たちがうまくできなかったこともたくさんあったんですけど、これに関しては『何で?』って思ってる」とぶっちゃけた。

 MCのフリーアナウンサー宇賀なつみ(34)が「昔の野球部みたいだね」と話すと、百田は「でも、部活しているみたいな感じで。毎日お仕事が終わったら2時間くらいは怒られてる、みたいな。『全員並べ!』って言われて」と、駆け出し時代を振り返った。

 厳しかったスタッフは、今もグループのチーフマネジャーを務めており、モノノフ(ファン)の間では知らない人はいない有名人。百田と映画「すくってごらん」(3月12日公開、監督真壁幸紀)で共演した歌舞伎俳優・尾上松也(36)は「見てると、一緒にやってきた絆みたいなものが見えますよ。厳しかったかもしれないけどね。愛のあるムチというか」と、その関係性を説明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース