近藤春菜、数年前に出会った男性といい雰囲気に…幻滅した理由は「13時間豚骨煮込む姿を」

[ 2021年2月27日 15:32 ]

「ハリセンボン」の近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(38)が27日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に出演し、惹かれていた男性からの驚きの誘い文句を語る場面があった。

 近藤は「『スッキリ』の卒業は婚活のため?」という報道を見て戸惑いを覚えながらも「正直嬉しい気持ちもあったんです、みなさん心配してくれているんだなって。でも、本当にないので言えないんです」と話す。ただ「数年前にお酒の席で良い方と出会って、2人でご飯行ったこともあったんです」というが「でも、ちょっと変わってる人が多いのかなって」と、驚きの誘われ方をした際のエピソードを披露する。

 「食事会が終わってから、向こうから電話をかけてきたのに『どうしたの?』って。かっこつけてるのかどうか知らないんですけど『どうしたの?』が口癖なんですよ。それですごい冷めちゃって。そのまま話していたら『あした休みなんだけど、何してる?』って言われて。私も休みなんですけど、それは言わないでおいて。理由を聞いたら『あした、俺イチからラーメンを作ろうと思う。13時間豚骨を煮込むから、もし時間空いてるなら見に来ない?』って」とまさかの言葉が。

 「私は『やだなぁ…』と思って『仕事があるんで』と切ってから、連絡はないですね。せめて、できる直前に呼んでくれるんならいいんですけど。13時間どうしてたらいいんだろうって、耐えられないですわ。今は結婚願望もないし、好きな人もいないですね…」とため息をついていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース