近藤春菜、幅広い人脈形成のきっかけはあの芸人の言葉「連絡先聞かれて嫌な人はいない」

[ 2021年2月27日 17:36 ]

「ハリセンボン」の近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(38)が27日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に出演し、人脈形成の第一歩はあの先輩芸人からのアドバイスだったことを明かした。

 水川あさみ(37)、吉高由里子(32)、滝沢カレン(28)など、華やかな芸能界の人脈を持つ近藤。現在「春菜会」を率いて、多種多様な人々と交流を図っている。仲良くなるコツについて聞かれると「最初はPerfumeさんの大ファンで、どうしてもご飯いきたいと思っていて。そのときに南海キャンディーズのしずさんから聞いた言葉があって」と振り返る。

 「しずさんも友達多いんですけど『連絡先聞かれて嫌な人はいないし、これから先二度と会えないかもしれないんだよ。それだったら、いった方がよくない?』って。それはそうだと思って、自分からみなさんに連絡先を渡したんです」と話した。

 「そこから、社交辞令じゃなくて向こうから連絡が返ってきて『いつにしますか?』って日付が来たんですよ。これは必ず行けるじゃないですか。お2人は日付とか出さないでしょ?」と、MCの岡村隆史(50)とお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(41)への厳しいパスが。岡村は「正直な…行けるタイミングがあったら、行けたらええなって感じやな」、石田も「他のメンツも聞きたいという思いがあるな」と、共に苦笑していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース