岡村隆史「あの時の顔忘れられん」宮迫に殴られそうになった過去 「俺が悪い…」怒らせた理由に周囲爆笑

[ 2021年2月27日 10:17 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が25日深夜、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。かつて「雨上がり決死隊」の宮迫博之(50)に殴られそうになったことを明かした。

 後輩芸人のアンバランス・山本栄治(48)と仲違いした相方・矢部浩之(49)の思い出話を聞き「俺、宮迫さんに殺されかけてるから」と明かした。「宮迫さんが、もうええわ!って、テーブルをガーンて持ち上げて。怖かったなあ」と振り返った。「昔、20代のころは宮迫さんとずっと一緒におったからな、あの時の顔忘れられんわ」と回想。「倒されて馬乗りになってグーで顔面どつくくらいになった。もうどつかれると思って。でも宮迫さんもこいつ殴ったらあかんて思ったんやろな。ぎゅーんて(方向転換して)壁殴って、穴あいて」と間一髪殴られなかったことを明かした。

 殴られそうになった理由は「俺がトイレに立つ時、2回くらい髪の毛さわった」こと。「俺が悪いんやけども」と岡村は反省していたが、あまりに些細な理由に周囲からは爆笑が起きていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース