2年ぶりに「茂造ワールド」が帰ってくる 辻本茂雄主演の特別公演「三人組の茂造」発表会見

[ 2021年2月27日 14:55 ]

吉本新喜劇の辻本茂雄
Photo By スポニチ

 吉本新喜劇の辻本茂雄(56)が主役を務める特別公演「三人組の茂造」(4月27日~5月10日、よしもと祇園花月)の発表会見が27日、オンラインで開催。辻本が「観に来たら、どうやっ!」と自身のギャグで意気込みを語った。

 京都・祇園花月でゴールデンウィーク恒例の「茂造」の公演は今年で13年目。昨年開催予定だった「茂造の手紙」は新型コロナ禍で中止となり、2年ぶりに“茂造”ワールドが復活する。

 今回は舞台設定、メンバーの人数に制限を設けた。換気の専門家に頼んで、祇園花月を工事。「劇場のドアを開けっ放しでやる」。また、例年35~40人の大所帯で演じていた舞台も「21人に減らした。おかげで稽古もしやすく、3密が避けられる」と対策をとった。

 公演は、借金取り、地上げ屋、お礼参りのヤクザ3人組に、辻本演じるハチャメチャ老人「茂造じいさん」が参加。白地に黒いアーガイルチェックのスーツを着て登場する。

 今夏、なんばグランド花月で「辻本新喜劇」(7月26日~8月1日)開催も決定し、やる気満々の辻本。「今回も笑いあり、泣きあり、ビジュアル的にも面白い。見所たっぷりです」とPRして締めくくった。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース