斎藤八段、初の名人挑戦 順位戦A級1期目で、4月7日から7番勝負

[ 2021年2月27日 05:30 ]

初の名人挑戦となった斎藤慎太郎八段(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の第79期順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)A級最終9回戦一斉対局が26日、静岡市の浮月楼で行われ、7勝1敗で首位の斎藤慎太郎八段(27)を1差で追う広瀬章人八段(34)は豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=に108手で敗れ6勝3敗となった。この結果、斎藤の首位が確定。4月7日に東京都で開幕する名人戦7番勝負で渡辺明名人(36)=王将、棋王含め3冠=と対戦することが決まった。

 王座経験を持つ斎藤はA級昇級1期目で初の名人挑戦となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月27日のニュース