「クロちゃんと一緒!」 マヂラブ村上、親から毎月10万円仕送りも使い道は

[ 2021年2月15日 16:14 ]

「マヂカルラブリー」の野田クリスタル(左)と村上
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上(36)が14日放送の読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」(後4・25)に出演。親からの仕送りをギャンブルに費やしていたことを明かした。

 マヂカルラブリーは2013年、「THE MANZAI」で2回戦敗退。テレビ、劇場の仕事もほどんどなく、どん底の生活を送っていた。当時について、村上の母親は「大学にいる間は教育実習も受けていたので、教師になるんだろうなと願望も込めて思っていました。芸人の道はやるだけやってあきらめてくれたらいいと思っていましたが、全然あきらめる様子がないので心配しました」と思っていたことが番組で紹介された。

 さらに、母親は「貧乏で悪いことに手を出されたら困る、そんな思いで毎月を仕送りしていました」と18年まで毎月10万円仕送りをしていたことも。村上は「それでギャンブルとかやってました」と回想。共演者らは、42歳まで親から仕送りをもらっていた安田大サーカス・クロちゃん(44)と掛けて「クロちゃんと一緒やないか!」「クロちゃん状態」とツッコミを入れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月15日のニュース