声優の中原茂 体調不良でイベント「遙か二十年祭」欠席「断腸の思い」度重なる貧血も「徐々に快方に」

[ 2020年9月18日 22:02 ]

 アニメ「ドラゴンボール」の人造人間17号役などで知られる声優の中原茂(59)が度重なる貧血のため入院が必要な状況となり、恋愛アドベンチャーゲーム「遙かなる時空の中で」シリーズを題材にしたイベント「ネオロマンスフェスタ 遙か二十年祭」4公演(19~20日、無観客配信)を欠席することが18日、イベントの公式サイトなどで発表された。中原は事前収録した音声による参加となり、公式サイトを通じて「直前に参加できなくなってしまったことは断腸の思いです」とコメント。自身のツイッターも更新し「今は病床にて静養中で徐々に快方に向かっております」と報告した。

 公式サイトは「2020年9月19日(土)、20日(日)に開催の『ネオロマンスフェスタ 遙か二十年祭』に両日4公演ご出演予定でした中原茂さんが、度重なる貧血のため入院が必要な状況となりました。ご体調は回復しつつあるとのことですが、このたびは大事をとって、ご出演を見送らせていただくこととなりました」と報告。「中原さんのご出演を楽しみにしていただいておりましたお客さまには、大変申し訳ございません。心よりお詫び申し上げますとともに、ご理解のほど、お願い申し上げます。それとともに、中原さんの1日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」とした。

 「中原さんの当初のイベント出演場面のうち、ドラマやメッセージなどキャラクターのパートに関しましては所属事務所と協議の結果、事前に音声を収録してお送りしてまいります。ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。なお、この変更による視聴券の払い戻しはございません。ご了承ください」

 中原は「『遙か二十年祭』の配信を楽しみにしている方々、ファンの方々へ、声優の中原茂です。今回体調不良のため、公演に参加できなくなってしまいました。ただ、音声の参加ではありますが、しっかり録らせていただきましたので、(中原が演じた)鷹通、幸鷹、譲、忍人、この4人が魂を届けてくれると思います。本当に、皆さんのおかげで二十年祭を迎えることができました。このように長い間、この作品を愛し続けていただいて、本当にありがとうございます。今回は直前に参加できなくなってしまったことは断腸の思いです。自分でも悔しいのですが、また皆さんに再会できると、そして二十五年、三十年も再会できると信じています。まず今回はこの『遙か二十年祭』を楽しみに見ていただけたらと思います。本当に盛りだくさんな内容となっております。みんなの魂を、聞いてください。受け取ってください。中原茂でした」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2020年9月18日のニュース