「モヤさま」10月から日曜午後9時枠へ 「日曜ビッグ」も前倒しで「強豪にちょっとでも対抗」

[ 2020年9月18日 17:54 ]

「モヤモヤさまぁ~ず2」に出演する(左から)大竹一樹、田中瞳アナウンサー、三村マサカズ(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 テレビ東京は18日、東京・六本木の同局で「テレビ東京・BSテレ東 10月編成説明会」がリモートで行われ、10月から人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(日曜後6・30~7・54)が午後9時に枠移動し、2時間枠「日曜ビッグバラエティ」(後7・54~9・54)が午後6時半から同9時までの2時間半枠となることが発表された。

 「モヤさま」は2010年4月期にゴールデン進出し、午後7時からの54分。13年10月期から現在の午後6時半スタートの84分に。午後9時開始はゴールデン進出後は最も遅い時間帯となる。お笑いコンビ「さまぁ~ず」の冠番組。昨年8月から同局の田中瞳アナウンサー(23)が4代目アシスタントを担当している。9時スタートの初回は10月11日の予定。

 同局の大庭竹修編成部長は「『モヤさま』はテレビ東京の大事な1つのブランドでもある。ぜひゆっくり見ていただきたい。集中してみる番組ではない。楽しく、優しい気持ちで見ていただきたい。一番ゆっくり見られる枠なのではないか」と意図を説明。この日の会見には、「モヤさま」の元アシスタントでもある、同局の狩野恵里アナウンサー(33)が司会を担当。「(枠移動は)テレビで知りました」と明かしつつ「すごくいい。個人的には6時半だと子供にご飯食べさせながらだとバタバタしてたんですけど、9時だと寝かしつけた後に見られる」とテンションを上げた。

 「日曜ビッグバラエティ」は「池の水ぜんぶ抜く大作戦」や「THE カラオケ★バトル」のほか、「緊急車両24時」、「世界はこうしてダマされた!」など人気企画を放送する枠。日曜夜に家族で楽しく観られる企画が数多く放送されており、新たな企画も準備中。10月4日には「超スゴ!自衛隊の裏側ぜ~んぶ見せちゃいます!(仮)」を放送予定。

 大庭竹編成部長は「日曜20時台は全局人気番組が勢ぞろいの状態で非常に苦戦しています。そこでで18:30―21:00に『日曜ビッグバラエティ』を上げ、20時台の強豪にちょっと前から番組をスタートしてちょっとでも対抗したいと考えております」としている。

 「モヤさま」担当の小高亮プロデュ―サーは「もうすっかり慣れ親しんだ日曜18時30分でしたが、以前から少し早い時間帯だなぁというのは事あるごとに感じていたので、まさに渡りに船でした。番組スタートから13年。今こそ番組スタート時の初心に戻り“モヤさまらしさ”全開で日曜の夜の憂鬱さを吹き飛ばすような番組作りを目指したいと思います」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月18日のニュース