「ウルトラセブン」BS4Kでリマスター版放送 事前特番では松本人志が魅力を熱く語る

[ 2020年8月18日 14:02 ]

ウルトラセブン(C)円谷プロ
Photo By 提供写真

 NHKは18日、「ウルトラマンセブン 4Kリマスター版」をBS4Kで9月29日から放送すると発表した。

 「ウルトラマンセブン」は「ウルトラQ」「ウルトラマン」に続く円谷プロダクションの「空想特撮シリーズ」第3弾。1967年10月から翌68年9月までTBS系で放送された同作は、「ウルトラマンシリーズ」の中でも随一の人気を誇り、最高傑作との呼び声が高い作品。

 この名作が4KHDRでリマスターされ、BS4Kで9月29日から毎週火曜後11時15分から全48話で放送される。本編を2話ずつ放送し、冒頭3分は2話分の見どころ紹介となっている。

 16ミリのネガ原版から4KHDR化したことで精細かつ色彩豊かな映像が実現。怪獣の生物感が増し、ウルトラホークなどウルトラ警備隊の主要メカの金属感も増している。当時の放送では表現できなかった色や光の美しさが鮮明となり、より魅力的な「ウルトラセブン」を堪能できる。

 この放送に先立ち、NHKでは同作の魅力を紹介する事前特番「4Kで進化するウルトラマン」をBS4K(9月5日後7・00)とBSプレミアム(9月13日前11・17)で放送する。

 事前特番には、モロボシ・ダン役の森次晃嗣(77)やアンヌ隊員役のひし美ゆり子(73)からコメントが寄せられるほか、同作のファンとして知られるダウンタウンの松本人志(56)も作品の魅力を熱く語る。

 松本は「エピソードの中では実相寺昭雄監督と金城哲夫(脚本)さんが唯一組んだ「狙われた街」が一番好きで、メトロン星人のファンです。『ウルトラセブン』は、ウルトラマンシリーズの最高傑作ではないでしょうか」とコメントを寄せている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月18日のニュース