×

吉村府知事、9月入学制導入の早期決定を訴え「今やらないと日本は一生できない」

[ 2020年5月2日 10:44 ]

吉村洋文大阪府知事
Photo By スポニチ

 大阪府の吉村洋文知事(44)が2日、読売テレビ「あさパラ!」(土曜前9・25)にリモート出演。新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校長期化を受けた「9月入学制」導入の早期決定を訴えた。

 「僕はもともと9月入学論者」と賛成の立場をはっきりと示した吉村知事。4月入学は主要国では稀なことを例に挙げ、「10年、20年先の日本の未来を考えたときに、世界標準に合わせて、若者がどんどん世界で活躍できる環境を整えていくことも重要な政治の仕事」と力説した。

 社会全体の受け入れ態勢が整わない状況で導入を進めることで混乱を招くといった反対意見も上がっているが、吉村知事は「今やらないと日本は一生できない。やるとしたら今。混乱がある時にけしからんと言う方もいらっしゃいますけど、今やらないとずっとできない」と指摘。その上で「困っているのが来年の受験生とか。国は方向性を早く決断しないといけない」と強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2020年5月2日のニュース