爆問・太田 ゴーン被告にレバノンで面会の堀江氏に「ホリエモンも楽器のケースに入って行ったの?」

[ 2020年3月15日 12:01 ]

堀江貴文氏
Photo By スポニチ

 爆笑問題の太田光(54)が15日、司会を務めるTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で、レバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告に“ホリエモン”こと実業家の堀江貴文氏(47)が面会したことについてコメント。ゴーン被告の逃亡手段を振り返り、「やっぱりホリエモンも楽器のケースに入ってレバノンに行ったの?」とボケた。

 すかさず相方の田中裕二(55)は「何でだよ、普通に行くだろうがよ!」とフォロー。この日のゲストで、面会の場に同行した編集者の箕輪厚介氏(34)に経緯を質問した。

 堀江氏の出版物などを担当する箕輪氏は、「明日レバノンに行くから、おまえも来い」と突然現地入りが決まり、0泊の弾丸ツアーで渡航。「もともと日本でアポがあったんですけど、ゴーンさんがいなくなっちゃったんで、レバノンでホリエモンの和牛の会をやるところに招待したみたい」と説明した。

 箕輪氏は、ゴーン被告が現地で日産の乗用車を使用し、「めちゃめちゃ血色よくなってましたね」と伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月15日のニュース