今泉佑唯 ゲネプロで華麗な殺陣披露 演出家絶賛「当たり役にはまった感じ」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

舞台「あずみ」の公開ゲネプロを行った今泉佑唯
Photo By スポニチ

 女優の今泉佑唯(21)主演舞台「あずみ~戦国編~」の公開ゲネプロが14日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで行われた。

 本来はこの日が初日だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で20日に延期。だが、今泉らは華麗な殺陣など本番さながらの熱演を披露し、演出の岡村俊一氏(58)は「今日幕が開いたとしても、芸術的に誇れる作品になった」と自信をのぞかせた。今泉についても「元々、才能があったが、当たり役にはまった感じ」と太鼓判。公演に向けては、入場口に次亜塩素酸水の噴霧ゲートの設置や休憩時に舞台奥の搬入口を開けて換気をするなどの対策を取って臨む。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月15日のニュース