×

“病院で撮影をしないでください”医療ドラマ コロナ余波でロケ拒否続出

[ 2020年3月15日 05:30 ]

TBS「恋はつづくよどこまでも」
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレビドラマの撮影現場にも余波が広がった。高視聴率が見込めるとして、刑事ものと並んで近年、連ドラの“2本柱”と言われる医療ドラマで、病院でのロケを断られるケースが続出している。

 関係者によると、フジテレビ「アライブ がん専門医のカルテ」(木曜後10・00)では国内でも感染者が増える中、ロケ場所だった病院での撮影の継続ができなくなり、場所の変更を余儀なくされた。

 ドラマの撮影は通常大人数で臨むため、患者へ感染させるリスクが発生することを病院側が避けようとしたとみられる。ドラマ関係者は「病院にカメラが向くだけで患者さんが“この病院で何か起きたのか?”と不安になるとのことで外観の撮影も大変だったようです」と明かす。

 TBS「病室で念仏を唱えないでください」(金曜後10・00)でも「病院内の公共の場での撮影が制限され、廊下のシーンが減少した」(局関係者)。また、病院ロケができない時の対策で、同局「恋はつづくよどこまでも」(火曜後10・00)と共同でスタジオに病室のセットを用意し撮影したこともあったという。NHKも企画でロケに選んだ病院側から「来ないでください」と却下されたケースもあった。

 現状を受け、関係者は「各局の医療ドラマでは、軒並みスタジオセットでの撮影を増やして乗り切ったようです」と語る。スタッフの苦労を知るだけに出演者も奮起。関係者は「現場では全員が声を掛け合いながらより良い雰囲気で作品に臨んでいる」と話している。

 放送中の連ドラはいよいよ最終章。ドラマスタッフは「苦境を一緒に乗り越えたからこそ、クライマックスに向け、一層力が入っている」と結束を口にする。現場の熱さがお茶の間にも届きそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2020年3月15日のニュース