上沼恵美子、小倉優子の離婚報道に持論「思った人と違うかったというか…」夫の心境推測

[ 2020年3月15日 14:56 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの上沼恵美子(64)が15日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ」(日曜前11・40)に出演。タレントの小倉優子(36)の離婚報道について語った。

 小倉は11年10月にヘアメークアーティストの男性と結婚。長男と次男をもうけたものの小倉が次男を妊娠していた16年8月に男性の不倫疑惑が報じられ、17年3月に離婚した。その後、18年12月に歯科医男性と再婚。先月2人の初子となる第3子妊娠を発表し、夫婦関係は順調とみられていたが、直後に別居状態であり、離婚危機であることが報じられた。

 パネラー陣の芸能リポーター・井上公造氏(63)の「旦那さんは、ほんとうにまじめで腕のいい歯医者さん。勉強一筋のような人だった。ということは、やはりゆうこりんと付き合うと舞い上がりますよね。でも、実際に住んでしまえば、芸能人ですから、外で見る芸能人と家で見る芸能人は違いますよ」との指摘には「そらパッと輝いているオーラみたいなものは家で消すというか…やっぱり普通の人になりますよね」とうなずき、「そうなってくると、“普通の女やないかい”みたいな感じに歯科医の方は思ったのかもわからん」と持論を展開した。

 同じくパネラー陣の経済評論家・森永卓郎氏(62)は、小倉と番組で共演した際のエピソードを披露。「カメラの前では『私イチゴちゃんグッズ集めてるんです』って言いながら、カメラが止まると『特別養護老人ホームの月額負担っていくらですか?』『千葉で老後を過ごすためには、いくら貯金したらいいんですか?』って、すごいまともなんですよ」。その上で「このご主人は、こりん星人と思って結婚したけど、結婚したら地球人だって分かった」と語った。

 上沼は「森永先生はアホみたいなこと言ってるように思いますけど、わりと的を得てる意見だと思います」とうなり、「思った人と違うかったというか」と推測していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月15日のニュース