ヒロミ 中居正広に「堺先生には気を付けたほうがいい」

[ 2020年3月15日 11:09 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(55)が15日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」に出演。3月いっぱいでジャニーズ事務所を退社することを発表したタレントの中居正広(47)に個人事務所“社長”の先輩としてアドバイスを送った。

 中居は4月以降は個人事務所「のんびりな会」に所属して活動する。ヒロミは「本当にどうするの?吉本行くとか、うちでもいいんだよ?」と声をかけると、松本も「いろいろな考え方あるよ。なんならTKOの木下を…」。これに中居は「まずは一人で。やったこともないですし」とあくまでも一人でやっていくと強調した。

 中居が「事前に会見の前にお伝えしておきたいなって人はホント両手でいるかいないかぐらい。(ヒロミには)本当に会見の前まで相談しようかなと思ってたんですけど…」と話すと、ヒロミは「決めてギリになってから報告する。こういうふうに悩んでいるんですけど、どうしようか?っていうのがない人なんで」と中居の性格を理解している様子。

 それでも、ヒロミは「結構、一人って大変だよ。俺は30年ぐらい一人なんだよ」とポロリ。松本も「中居くんもマチャアキとか気を付けないと」を茶々。これに、ヒロミも乗っかり「堺(正章)先生には気を付けたほうがいいよ」とかつて不仲説がささやかれた堺正章(73)の名前を挙げ、アドバイスを送った。

 独立すれば、今後はギャラ交渉なども一人で行うことになる。思わず中居が「人と(交渉)できるかな」と不安そうな顔を見せると、ヒロミは「大丈夫?何かあったら言えよ」と声をかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月15日のニュース