ミキ昴生 “恋つづ現象”を解説「キュンキュンしてる、佐藤健に」 

[ 2020年3月15日 11:43 ]

お笑いコンビ・ミキの昂生
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ミキ」の昴生(33)が15日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)で、出演中の同局ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(火曜後10・00)の秘話を明かした。

 昴生は、主人公で新米ナース・佐倉七瀬(上白石萌音)の先輩ナースマン・沼津幸人役で出演中で、17日の最終回を前に「めちゃくちゃ反響があります」とご機嫌。「最初、僕の友達とかは僕が出ているから見てたんですけど。もう、佐藤健のとりこなんです、全員が」と医師役の佐藤の演技が人気に拍車をかけていることを伝えた。

 弟の亜生が「あなたのとりこにはならないから。誰もね」と突っ込むと、俳優気取りの昴生は「話を聞けって。俺の友達だから、俺が出てるからまず見るじゃないですか。それでもキュンキュンしてる、佐藤健に」と繰り返し解説。今度は太田が「そりゃそうだよ」と突き放し、看護師役から「いずれWHO(世界保健機関)の会長になる…」と、昴生の顔がWHOのテドロス事務局長と似ていることをギャグにした。

 再びキレた昴生は、「テドロス、出えへんよ。違うよ。テドロスのそういう記録じゃないんですよ、これは」と“恋つづ”現象をアピールした。

 最終回には亜生も弟役でゲスト出演し、ドラマデビューする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月15日のニュース