フジモン、雨上がり蛍原の「大丈夫やで」に涙 宮迫の闇営業騒動中の対応に…

[ 2020年3月15日 11:20 ]

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の蛍原徹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)が15日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)にゲスト出演。「雨上がり決死隊」の蛍原徹(52)の気丈なふるまいに涙したエピソードを語った。

 藤本のほか、蛍原、元「ほっしゃん。」ことお笑い芸人の星田英利(48)が登場し、昨年世間をにぎわせた、吉本興業の闇営業問題についてトークした。騒動の中、テレビ局で蛍原に会ったという星田。「蛍原さん大変ですか?って聞いたら『大変に決まってるやろ』って。(騒動が)大きくなる前やったから」と、やりとりを明かしつつ「ああいうのってコメント求められるやん。一番身内やから、けっこう厳しいこと言う風にしてた。ほんまにショックやったから」と、あえて厳しい姿勢を取っていた当時を振り返った。

 一方「おれは電話しましたよ、蛍原さんに」と藤本。蛍原は「『蛍原さん大丈夫ですか?大丈夫ですか?』って半泣きやねん。こっちが半泣きやのに。でも『なんでも言うてください』って、めっちゃ心配してくれた」と涙声だった藤本の様子を説明した。藤本は「大袈裟や」と苦笑しながらも、「『大丈夫やで』『なんかあったらまたお願いするわ』って気丈に対応してくれたから…」と認めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月15日のニュース