市井紗耶香 わずか3カ月で…芸能事務所と業務提携契約解除 中野尚美代表「原因等は語らずとも…」

[ 2020年2月6日 10:01 ]

市井紗耶香
Photo By スポニチ

 モーニング娘。の元メンバー市井紗耶香(35)と芸能事務所「アンカンシェル」の業務提携契約が5日付で解除されたことが6日、明らかになった。自転車競技の元世界王者・中野浩一氏(63)の妻で、タレントのNAOMIこと同事務所の中野尚美代表がブログで発表した。

 中野氏は「今日はご報告がございます。市井紗耶香と弊社は 約3ヶ月にて『芸能活動についての業務提携契約』の合意契約解除を致しました」と業務提携契約の解除を報告。「つきましては 今年の1月中旬頃から 弊社より『契約解除』を市井紗耶香に申し入れし 2月5日付けにて 合意契約解除に至りました」と経緯を明かした。

 「約3ヶ月という 短い間の『業務提携』でした。短い契約期間でしたので 原因等は語らずともご理解頂けると存じます」と記し、「弊社は 今後は更に 前をよく見て、前向きに 良き道を選んで 精一杯、邁進して参ります」と報告を締めくくった。

 同事務所は7月の参院選で立憲民主党から比例代表で立候補し、落選となった市井とマネージメント業務提携契約を結んだことを11月1日に発表。中野氏は同日、「今までの市井紗耶香の活動、経験は今の彼女にとって全て糧となっていると私は信じております。今後、芸能活動をしていく上で『新しい市井紗耶香の扉』を弊社がどれだけ開けられるのかどんな形に出来るのか力になれるのか分かりませんが楽しみでもあります」と記していた。

 また、同事務所は、元モーニング娘。の加護亜依(31)と16年1月にマネジメント提携契約を結んだが、昨年8月に解消していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月6日のニュース