JOY 沢尻被告に「まずは、しっかりと反省して」 女優復帰は「考えているんじゃないかな」

[ 2020年2月6日 16:27 ]

タレントのJOY
Photo By スポニチ

 自宅で合成麻薬MDMAなどを所持したとして麻薬取締法違反罪に問われた女優沢尻エリカ被告(33)に対して、東京地裁(滝岡俊文裁判官)は6日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。タレントのJOY(34)は、この日のTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)で「まずは、しっかりと反省して」と呼び掛けた。

 JOYは「こういう判決が下りて、二度と繰り返さないように立ち直っていきたいとおっしゃっていますけど、みなさん、こういう事件で捕まると、だいたい、そういうふうにおっしゃるけども、また捕まる人も多いじゃないですか」と薬物事件の再犯のケースを指摘。

 事件を繰り返さないと「一方ではそう思っていても、脳がどうしても薬とかそういうものを覚えていますから。本当に止めるというのは難しいと思うんでけども、しっかり止めてもらって」と更生を望んだ。

 沢尻被告の今後については、「女優復帰はないって(法廷でも自ら)言っていますけども、この感じだと、世間がもし望んだ時は、自分では復帰しようとは思っていなかったけども復帰を望む声があるなら、もう一度やってみようかなと思います、みたいな方向に持っていける感じ」だとの印象を受けるという。「そういうことも考えているんじゃないかな。まずは、しっかりと反省して」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月6日のニュース