笠井信輔アナ 被災地からのお見舞いに感謝 「負けられません」とファイティングポーズ

[ 2020年2月6日 12:41 ]

笠井信輔アナウンサー
Photo By スポニチ

 血液のがんと言われる「悪性リンパ腫」を公表し、闘病中の元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(56)が6日、自身のインスタグラムを更新。9年前の被災地取材で訪れた地方の方からお見舞いが届いたことを明かした。

 笠井アナは「抗ガン剤連続投与4日目。朝食は昨日より調子よく食べられました しかし、その後の吐き気がひどく、吐き気止めをもらって闘ってます」と状態を明かし、「負けられません」とつづった。

 「9年前に仙台の被災地を取材した時の地域の方からお見舞いに届いた ご当地センダイ ガールズ ブロレスリングのサイン入りTシャツを着て ファイト ありがたいですね」とファイティングポーズの写真を添えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月6日のニュース