鈴木杏樹 ラジオ番組の降板発表 不倫報道受けて判断

[ 2020年2月6日 17:40 ]

女優の鈴木杏樹
Photo By スポニチ

 5日に文春オンラインで俳優の喜多村緑郎(51)との不倫関係が報じられた女優の鈴木杏樹(50)が、パーソナリティーを務めるニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」(月~金曜前7・37)を降板することが6日、分かった。所属事務所が「ラジオ局と相談の上、やめさせていただくことになりました」と報告した。

 鈴木がパーソナリティーを務めるラジオ番組は「―いってらっしゃい」と「オールナイトニッポン MUSIC10」(水曜後10・00)の2番組。喜多村との関係が報じられた5日放送の「MUSIC10」は鈴木が「体調不良のため」欠席。同局のひろたみゆ紀アナウンサーが代役を務めていた。「MUSIC10」の継続有無について、事務所は今後協議の上で判断するとしている。

 この日、事務所が報道を受けて「現在事実関係を継続調査中ではありますが、本人より軽率な行動があったことを確認いたしました」と報告。鈴木も事務所を通じてコメントを発表し「たくさんの関係者に多大なご迷惑をおかけいたしました。心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

 鈴木は「今回、報道されております、喜多村緑郎さんとは、昨年10月の舞台で共演させていただきました。その後、舞台の共演者の皆さまとお食事をご一緒させていただきました」と出会いについて説明。

 「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆さまにご迷惑をお掛けすることのないよう慎みます」と経緯について触れてから、自身の行動を反省した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月6日のニュース