梅沢富美男、沢尻被告の判決に私見「懸念があるから…」 女優復帰は「俺は反対」

[ 2020年2月6日 21:30 ]

梅沢富美男
Photo By スポニチ

 俳優の梅沢富美男(69)が木曜コメンテーターを務める6日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に生出演。麻薬取締法違反罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決が言い渡された女優・沢尻エリカ被告(33)についてコメントした。

 梅沢は判決について「この懲役1年6月っていうのは、いつもこれ。執行猶予3年ってとこはやっぱり、重いですよ」と私見を口に。「またやるんじゃないかという懸念があるから3年になったと思う」と続けた。薬物事件を起こした芸能人の復帰は「ダメだよって、ずっと言っている」という梅沢は、「なぜかっていうと、そうしないと抑止力にならないから。そう(復帰)すると、世間の人が芸能人だからなって冷たい目で見られちゃうじゃん」と語った。

 沢尻被告は1月31日の初公判で「女優の復帰は考えていません」と述べていた。梅沢は、もし沢尻被告が復帰を望むならとしたうえで、「使ってくれるところがなかったら復帰できないわけだから。出てくださいっていうのがあって、それにはクライアントがついている。クライアントがいいって言うんだったらしょうがないんじゃないの。それだけのリスクを背負って立つんだから」とコメント。「俺は反対だけどね」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月6日のニュース