沢尻エリカ被告、6日判決 懲役1年6月、執行猶予3年の量刑か

[ 2020年2月6日 05:30 ]

沢尻エリカ被告
Photo By スポニチ

 合成麻薬MDMAとLSDを所持したとして、麻薬取締法違反罪に問われている女優沢尻エリカ被告(33)の判決公判が6日、東京地裁で開かれる。

 初公判で検察側は、沢尻被告が19歳の時から薬物を使っていたと指摘。「違法薬物に対する親和性、常習性は顕著」「再犯に及ぶ可能性は高い」とし、懲役1年6月を求刑していた。

 実刑判決の可能性はあるのか。元大阪地検検事の亀井正貴弁護士は「所持量もそんなに多くないことから、初犯の薬物事案としては平均的な量刑になるはず」と、執行猶予付きの判決となる見通しを指摘。懲役1年6月、執行猶予3年の量刑を予測した。

 初公判後、入院先の都内の大学病院に戻り、治療を再開した。沢尻被告の主治医は「遠くないうちに退院する」との見通しを示しており、退院後は実兄のサポートを得て更生を図る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月6日のニュース