黒柳徹子「新婚さん」出演宣言!?「私が結婚したら…」 6日放送で東西長寿番組コラボ

[ 2020年2月6日 05:31 ]

テレビ朝日・ABCテレビ系「徹子の部屋」に出演する(左から)桂文枝、山瀬まみ、黒柳徹子
Photo By 提供写真

 番組開始から45年目に突入したテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後0・00)と、50年目を迎えたABCテレビ系「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0・55)の東西長寿番組がコラボし、桂文枝(76)、山瀬まみ(50)が6日の「徹子の部屋」に出演。収録後、山瀬が番組内で黒柳徹子(86)から「もし私が結婚したら、次はそっち(新婚さんいらっしゃい)に行くわね」と仰天宣言?が飛び出したことを明かした。

 71年1月の番組開始からMCを務める文枝は「同一司会者によるトーク番組の最長放送」としてギネス世界記録に認定されている。一方の黒柳も「同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者」として世界記録を更新中だ。そんな東西長寿番組のMCがコラボ。文枝は「お互いに、長年続けてこられた秘訣を語り合いました」と、黒柳、山瀬の3人で番組の名場面を観ながら時代の流れとともに変わる新婚さんの驚きエピソードを紹介した。文枝は「徹子さんいらっしゃい!」の特別コーナーでは番組恒例の“イスコケ”を派手に披露。「山瀬さんと一緒に楽しい時間が過ごせました」とニンマリだ。

 97年7月から7代目アシスタントを務める山瀬は独身で番組に加わり、99年に俳優の中上雅巳(47)と結婚。番組内で夫の中上と「新婚さんSP」に出演した際の「気の遠くなるような緊張は今でも忘れられない」とエピソードを披露した。文枝、徹子に挟まれた山瀬は番組を振り返って「徹子の部屋は、これまで5~6回出させて頂いているんですが、大御所に挟まれてすごい緊張しました」と語り、「2人ともお喋りさんだから、喋りだすと止まらなかった」と笑み。さらに黒柳の恋愛話を聞き、「徹子さんが『もし私が結婚したら、次はそっち(新婚さんいらっしゃい)に行くわね』って言ってたので、きっとご本人、まんざらでもない様子で、やる気なんだと思います。それをお待ちしたいと思います」とマル秘トークを明かした。

 「新婚さんいらっしゃい!」は50周年記念の全国約10都市を回るツアーを敢行。3月21日には沖縄・首里城公園で公開収録を開催する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月6日のニュース