王将戦第1局、渡辺王将が先勝 防衛に向けて好スタート切る

[ 2020年1月13日 17:01 ]

<王将戦第1局2日目>感想戦を行う勝利した渡辺王将(右)と敗れた広瀬八段(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負第1局は13日、静岡県掛川市の掛川城二の丸で2日目の対局が指し継がれ、渡辺明王将=棋王・棋聖との3冠=が103手で広瀬章人八段に勝利した。終局は午後4時56分。持ち時間8時間のうち、消費時間は先手の渡辺が6時間45分、後手の広瀬が7時間18分だった。

 第2局は1月25、26の両日、大阪府高槻市の「山水館」で指される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月13日のニュース