武井壮 交通事故で負傷の桃田に「休むことでひずみが出るのでは。心配です」

[ 2020年1月13日 22:08 ]

タレントの武井壮
Photo By スポニチ

 元陸上競技選手でタレントの武井壮(46)が月曜レギュラーを務める13日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に生出演。マレーシアの首都クアラルンプール近郊で交通事故にあい、顔などを負傷したバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)に言及した。

 日本バドミントン協会に入った連絡によると、桃田は病院で手当てを受けている。命に別条はないが、けがの程度について「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」と発表。14日開幕のインドネシア・マスターズのエントリーをキャンセルした。

 武井は番組で「ここ数試合絶好調で(東京五輪に向けて)準備万端にして、金メダルを確実にしようという時期。このけががあって休むことによって、ほんの少しひずみが出ることがあるのではないか。金メダル争いが混とんとするひとつの要素になりかねない。心配です」と、桃田の状態を懸念した。

 桃田は五輪イヤーの国際大会初戦となった、クアラルンプールでのマレーシア・マスターズでは、12日の男子シングルス決勝でビクトル・アクセルセン(デンマーク)を下し、優勝していた。昨年は世界選手権2連覇を達成するなど、国際大会で史上最多の11勝を挙げ、東京五輪では男子シングルス初の金メダルが期待されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月13日のニュース