島田紳助さん misonoのYouTubeに登場!芸能界引退後初の映像出演 引退後の生活、近況語る

[ 2020年1月13日 17:02 ]

島田紳助さん

 2011年8月に芸能界を引退した元タレントの島田紳助さん(63)が13日、親交の深いタレント・misono(35)のYouTubeチャンネルに登場した。引退後初の映像出演となった。

 この日午後5時過ぎに「【神回】misonoの為に!?島田紳助さんが特別に出演して下さいました…~復帰ではありません~前編【ヘキサゴン】」のタイトルで投稿された動画には、画面右にトレーナーに帽子姿の紳助さん、中央にmisono、左にタレントの山田親太朗(33)の並びで登場した。

 冒頭で紳助さんは「こんばんは」と一言、misonoが元気に「紳助さぁーん」と叫ぶと「久しぶりに出たけどおまら本当にトーク下手」といきなりの“ダメ出し”。「もうちょっと盛り上げるとかせえよ」と笑みを浮かべながら話した。この後「島田紳助という名前で仕事していました」と自己紹介、引退後は健全な日々を過ごしていたことや近況などを現役時代と変わらない姿を披露した。

 さらに紳助さんは、山田の異常な金銭感覚に突っ込んだり、最近の芸能界についての思い、1カ月前までは長い髪にしており、最近カットしたこと、昨年末に離婚したお笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史(49)への激励などを約22分にわたって話した。

 歌手のmisonoがタレント活動を始めるきっかけになったのが同郷(京都)の紳助さん。紳助さんが司会を務めたTBS「世界バリバリ★バリュー」、フジテレビ「クイズ!ヘキサゴンII」などのバラエティー番組に出演し、再ブレークした。

 misonoは12日に自身のブログを更新し、11日に大阪府内で紳助さんと会った際に「YouTube撮ろうぜ」と提案され、撮影したことを報告。紳助さんは約40分話をし、misonoに「ノーカットでアップして良いから」「誰かに何かを言われたとしても大丈夫」「俺が怒られるし、俺が全責任取るから」などと告げ、投稿を後押ししたことを明らかにした。この日投稿された動画は前編として22分に編集されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月13日のニュース