松本人志が選んだ今年の漢字 「宮迫宮迫でもあれなんで、あえて僕は…」

[ 2019年12月15日 10:36 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が15日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「今年の漢字」として、意外な文字を挙げた。

 19年の世相を漢字1字で表す師走恒例の「今年の漢字」が「令」に決まったことを受けて、出演者が自身の「今年の漢字」を披露。タレントのヒロミ(54)が「桜」と書き、「いい方の桜。ラグビー。違う桜がガチャガチャしてるけど」と話す中、松本のチョイスに注目が集まった。

 吉本興業を巡る不祥事が続いた1年。松本は「どうしても吉本のことを僕が無視することもできないし、闇営業では宮迫宮迫でもあれなんで、あえて僕は…」と語って、フリップで披露した漢字は「亮」だった。

 闇営業問題を受けて、「雨上がり決死隊」の宮迫博之とともに謹慎中の「ロンドンブーツ1号2号」田村亮の名前を選んだことにMCの東野幸治(52)が「どっちかじゃないんです」とツッコミ。それでも松本は「両方何とかしてあげたいなという気持ちを込めて」と説明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月15日のニュース